公開講座:ホスピス・緩和ケアって何? 10日に理解深める講座--近江八幡 /滋賀

公開講座:ホスピス・緩和ケアって何? 10日に理解深める講座--近江八幡 /滋賀

公開講座、「ホスピスとパリアティブ・ケアは何ですか?」が青海-HACHIMAN CITYのtakaka町南4の都心の労働者の福祉で開かれる、(八幡、akutei; Omi) 10日の世界ホスピスパリアティブ・ケア日(今年、10番目である)に従って。 癌患者のボディーの心と苦しみを和らげるホスピスと緩和剤の注意が、理解されても、医師は講演と公開討論会をします。 事務局は、「患者、家族、医療関係者、および広い人々は聴くことができます。」と予想しています。

会議パリアティブ・ケア販売促進部会と県の老人病は県の癌の診療スポンサーのためにそれを中心に置きます。 それが権利を与えられて、Otsu市民病院のtsudashinとパリアティブ・ケア部長は、「ホスピスとパリアティブ・ケアにおけることは、目的とし」て、基調について講義します。
公開討論会、horiyasushiとしてのテーマとして「パリアティブ・ケア薬は理解された癌と持っていることを経験した」という**とのホスピス話と県の老人病におけるパリアティブ・ケア部理事長の記念病院のhosoijunと長さが中心に置くvo-rizuでは、それはともに癌を経験しました。
入り口は午後の2–4時に無料です。 問い合せは中央の地域医療が修理する老人病における事務局(代表している077・582・5031)が同居するということです。 Yasushidai Nakamoto。【.. 】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


骨肉腫と闘う:/11 体を動かす楽しさ、しみじみと=社会部・佐々木雅彦 /大阪 »
« FDA諮問委 ペグイントロンのメラノーマの適応拡大を承認勧奨