Dr.中川のがんから死生をみつめる:/26 患者データ収集が急務

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/26 患者データ収集が急務

「癌登録」が日本のがん対策に遅いものにあります。 癌登録は癌患者の診断情報、治療方法、および結果などが個人情報を保護している間登録されているというメカニズム、および処理などの有効な手段が分析されるということです。 このシステムが維持されないので、日本は1年間で癌にかかった人々の数さえ理解していません。
他方では、法に基づくレポートの義務があります、そして、正確なデータは結核や梅毒などの伝染病で完全になります。 例えば、梅毒の患者は年度2007に737人と共に2万5311人で発症した結核の患者を理解しています。
戦っている間、主な日本の死因は結核でした。 しかしながら、衛生環境と栄養状態が戦後に向上して、抗生物質が広まったので、結核を伴う死亡者は暴落しました。 2194人まで年度1962の結核を伴う死亡者数は2万7852人でしたが、それは年度2007に減少します。 現在日本の厚生労政のセンターがこの「成功経験」がある伝染病測定であることためか。
癌は1981年に日本の死因の1位になります、そして、癌を伴う死亡者数の増加は、それ以来、ブレーキを置きません。 年度2007の癌死亡料金は、33万6290人のところに行って、1/3人の死亡者を占領します。
しかしながら、癌に関する伝染病のようなどんな深遠なデータもありません。 それはデータ収集のシステムが非常に粗末であるからです。 それはそうになるでしょう。新しいインフルエンザなどの伝染病を無視できませんが、まだバランスを欠いているのは、言うことができます。 癌登録の維持は、癌患者の数さえ理解できないのが、正確に日本の現状であると言うことができて、癌に対する最大の「国家の病気」である効果的な措置を実行する「癌を知っている」という必要が自然にありますが、差し迫った必要性です。

「癌登録」では、種類と癌のなどの治療法のような我慢強い個人の情報は最初に、癌の診断と扱われた病院に登録されます。 この「院内がん登録」はそれぞれ管理に統合されます。部門(地方の癌登録)であり、国は管理されます。
しかしながら、公衆と共に、理解は延着しました。 現在の状況で「癌の秘密」を解決できません。 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


FDA諮問委 ペグイントロンのメラノーマの適応拡大を承認勧奨 »
« 子宮頸がんワクチン、国内販売へ 接種で2年間の予防効果