子宮頸がんワクチン、国内販売へ 接種で2年間の予防効果

子宮頸がんワクチン、国内販売へ 接種で2年間の予防効果

子宮頸(Kei)癌を引き起こすヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染予防を目的とするワクチンがどこを結論に持って来るか、分科会、厚生労働省では、薬事・食品衛生審議会は、国内販売の承認を一緒に認めて、1年の中に市販されると予想されます。応募者が自己負担で受信するのは、「任意のワクチン接種」になります。 若い年齢層へのワクチン接種が性交によるHPVで感染しているのに有効であると言われています。 その人の十代という子供は分科会のようにワクチン接種物に含まれました、そして、長期効果がワクチン接種応募者への関連情報を不確実なものからメーカーに提供するよう要求されました。
このワクチンがある、「Sa-barikkusu、」 「製薬会社のグラクソスミスクライン(GSK)。」 子宮子宮癌の原因の約70パーセントを占める「16のタイプ」と「18のタイプ」のHPVへの感染予防は予想されます、そして、それは外国の98の国によって承認されます。
GSKは2007年9月の承認申請です。 厚生労働省は、優先審査が物に指定して、どこかを結論に持って来ました。一緒にこの認められた有効性の協議会の部会。 20代に日本で10歳の女性のために意図する臨床試験でそれを予防注射した後に、予防効果が2年間確認されたと言われます。
子宮子宮癌は毎年の患者への日本での約8000人の新しい診断と、2500人に関する死者であると思われます。 患者の数は30代に20歳の若年層で増加しました。 HPVを発見したドイツの研究者は、昨年、ノーベル医学賞を得ました。
世界で実用につけられた2種類のHPVワクチンがあります、そして、万有製薬は国内の承認のために別のものに申し込まれます。 国の試験は高度です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/26 患者データ収集が急務 »
« 野口英世記念医学賞:宮城県立がんセンターの菅村総長に