リレー・フォー・ライフ:がん患者ら、夜通しウオーク--10日、岐阜 /岐阜

リレー・フォー・ライフ:がん患者ら、夜通しウオーク--10日、岐阜 /岐阜

それが生きる望みと苦痛な共有
あるいはまた癌患者とそれを支持する人が、夜通し「それが生きる望み」と癌の診察の重要性に懇願する間に歩く「中央の部分のリレーフォの寿命」(日本、対癌の社会後援と岐阜大学と、実行委員会の共催)が中に保持される、10日の岐阜市のyanagikoのこの大学地面。 1番目はこの出来事のような筑波都市の06年と、中部領域における1回目に開催されます。 (40) = 参加のために横山実行議長をhika**に尋ねて、「苦痛な状態で共有して、望まれることができる開催場所に行って欲しいです」と言うのとKakamigahara市は等しいです。 【石山をearuします】

さん/さん 横山は癌患者のひとりです。 不一致の感覚は3カ月でこぶしと同じくらい大きく塊にコンピュータ、およびそれと関連する会社従業員である05年の夏に右腕の根で突然生まれます。 それは診断されました、そして、判決を下されました、病院に行って、「最も悪い右腕を切るのが、必要であり」幼い癌のその親切な「原始の神経外胚葉腫瘍」(PNET)を言って。 「高校時代はラグビーで鍛造されました、そして、体力だけが自信がありました。」 「存在は真っ暗になりました。」
病気人生に対する戦いは10カ月広がりました。 髪は抗ガン剤と放射線治療で外れました、そして、低下しました、そして、吐き気はそれに打ち勝ちました。 気持ちは「戦うでしょう」、そして、後方の気持ちはインターネットで癌患者の「病気記録に対する戦い」を読むためにお互いに交差していますが、唯一の心を元気づけるのは、ことです。 それは、読書するのが、可能であることを知っていました、そして、「リレーフォの寿命」は茨城県の筑波都市で主張されました。
「参加して、ネットを通して交際を結んだ仲間に会いたいと思っ」て、「いつか、岐阜でそれも開催したいと思います」。 「この2は期待されました。」 筋力トレーニングは重ねられます、そして、それは仲間です、そして、退院した後に、もっとも、3カ月後に筑波都市で会うのが貧血の攻撃を行かせただけである1番目は5時までに階段で踏まれます。 「それは1人ではありません」と言って、心は簡単になりました。

, それを考えるのが強いので、「把持岐阜がいつも成功させたいと思います」と言うのが今までのところ、多くの仲間を失いました。 「私は彼らが病気に対する戦いで感じた苦痛であるのがある散歩と望みに欲しいです。」 ”

さん/さん 4カ月に一度横山はそうです、そして、ぶり返しの存在を調べる定期的な診察を受けました。 PNETの処理が5年間20%に関してものになった後に、生存は評価します。 「生涯癌は協会です。 したがって、早めることの診察と仲間が必要です。 」

開会するのは、午前11時です。 それは適用できます、そして、皆は11の番目ものの正午まで不必要に参加します。 入会手続料は1000円(18歳以下空き領域である)です。 ホームページ( http://rfl-chubu.net )

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


野口英世記念医学賞:宮城県立がんセンターの菅村総長に »
« ピンクリボンフェスタ:早期発見で乳がん撲滅 検診率アップへ--盛岡 /岩手