ピンクリボンフェスタ:早期発見で乳がん撲滅 検診率アップへ--盛岡 /岩手

ピンクリボンフェスタ:早期発見で乳がん撲滅 検診率アップへ--盛岡 /岩手

光も
盛岡市で初期段階に乳癌を見つけることによって重要性などに上告する「岩手ピンクのリボンフェスティバル」をします。 それは同じ都市の紺屋の町で東北電力株式会社岩手支店で鉄塔を求めます、そして、信号はピンク色に向上します、そして、癌の診察の相談を求めます。 毎日Untilの軽い午後6時は8で7日ですか:30。
患者団体などからそれを作る実行委員会(jin**は議長をterasachikoする)は、このフェスティバルを後援します。 デパートで乳癌撲滅の10月の月終わりの同じ都市のなどで木に飾り付けをします、そして、セットアップします、そして、買物客はピンクのリボンをそれに飾ります。 25日の朝微笑散歩をします、そして、都市の心の部分に入ります、そして、それはそれを啓発します。
年度2007の県の健康衛生課によると、自治体が実行した乳癌診察の県の受診率は26.5%です。 実行委員会は、彼らが、フェスティバルなどで市民に電話をしたがっていると言います。 , そして、50%にそれを改良するために。 乳癌患者による「虹彩の協会」鈴木のToshiko議長「乳癌は人間ではありません。 関心を高めたいと思います。 」それは上告されます。 実行委員会の事務局(019・696・2885に電話をします)。 【Keiichi山口】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


リレー・フォー・ライフ:がん患者ら、夜通しウオーク--10日、岐阜 /岐阜 »
« 乳がん休日検診を 18日、県内8カ所開院