乳がん休日検診を 18日、県内8カ所開院

乳がん休日検診を 18日、県内8カ所開院

全国を通じて乳癌の乳癌診察の受診率改良が試みられた月の10月の医療機関、および第3日曜日に休日診察の日を作った活動と呼ばれる大阪市の「J・ 優雅にしてください」というNPO(NPO法人)は始められました。 218の医療機関が既に同意しました、そして、8つの場所が病院を開きます。10月18日とそれの県の中の兵庫は診察を引き受けます。 (miga**広岡)

乳癌に関して、20人の日本人の女性という1人は展開します。 国内の死者が欧米のための増加する傾向にいます、そして、1年あたり1万人以上は死にました。 診察受診率の低度が原因であり、特に胸部X線写真(写真を撮る胸のX線)診察による早期発見の重要性に、この会社が魅力的であると思われます。
声には、大いに、「休日診察があれば、受け取られていること」がこの会社によると、医師に相談しない人にあると言われています。 10月の第3日曜日はそこで「日本胸部X線写真サンデー」と命名されます、そして、協力は医療機関に要求されています。 それは、胸部X線写真診察が1年に一度受けられた環境づくりを目的とすると決めました。
神戸協力病院(神戸市の長田・ウォード)は、3年間休日診察を始めて、それが今やアプローチに同意した県の医療機関の中でペースでそれを2カ月に一度実行しています。 外科医が話す箕の分野ジュン**のヘッド(34)、「毎日人々の数に関して、それが限られていますが、訪問する機会に行って欲しいです」。

Jの事務総長スミコ松田(54)・ POSHは「この日が確立されるように、活動を広げたいと思います」と仮定して、直前に協定医療機関を上げます。 この会社TEL06・ 6910・、 2900

そのうえ、診察が10月18日に実行される県の医療機関は以下の通りです。
..川崎診療所(神戸市の樽見区)金沢診療所(同じ都市の中央区)丸山病院(同じ都市の長田・ウォード)の東神戸病院の(区) 立花病院の(尼崎市)kokufu buがもぎ取る同じ都市のHigashi-無診療所(宝塚市)未来通過診療所(西宮市)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボンフェスタ:早期発見で乳がん撲滅 検診率アップへ--盛岡 /岩手 »
« ポイントで乳がん検診…朝日生命