生きる:小児がん征圧キャンペーン 道化師団体、難病と闘う子供たちを励ます /福岡

生きる:小児がん征圧キャンペーン 道化師団体、難病と闘う子供たちを励ます /福岡

久留米アカデミーの重病、など
病院で性能で子供を奨励するピエロのグループ「緊急の王冠ジャポン」は、6日に久留米市のAsahi町における久留米大学病院と北九州市の八幡西区の九州湖西Nenkin病院を訪問します、そして、それは歌、手品などの発表です。 , そして、エネルギッシュであるのがある幼い癌などの子供のようにケタ。 【Soichiro丸山】

このグループは東京でベースに行動します。 要求することによって訪問した、「Sumairudeizu、」 (リーダーをhayashishirouします) 幼い癌が病気久留米大学病院の病気人生に対する戦いを経験したボランティアから作られたところ。 Sumairudeizuは毎日新聞で「ライブな」幼児の癌の征服圧力キャンペーンに同意して、協力します。 多くが9月9日に福岡市でakurosu福岡で行われていたコンサートに参加しました。 この訪問メンバーは、主宰Junko村上と古参者の男性ピエロです。
小児病棟に現れる2人が、病室での回転、および手による把握の場合にウクレレを演奏している間、歌うこと以外に数が増えるスポンジのボールの手品を発表します。久留米大学病院において、それは排泄物です。まねます。 (赤らんだ鼻があるピエロの)… 子供の笑いは病室で鳴りました。
手品はおもしろい、そして、Takashi石橋です。基本の3年は見られた久留米市の荒木町を群がらせます。 **(8)(空のそうになります):「たいへんどんな始めになるかを知りたいと思います。 そのうえ、私は、来て欲しいと思います。 」それははしゃぎ過ぎました。
自発的に幼い癌を経験した林さん:「入院人生がなる笑いは長い間、減少します。 私は、再び王冠が子供の微笑を引き出すようになって欲しいと思います。 」それは話しました。
さん/さん 村上他は、5日に福岡市で病院を慰めます。 それはたいへんぐるりと7日の都市の病院をターンする予定です。
筑後バージョン

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ポイントで乳がん検診…朝日生命 »
« がん治療認定医をテーマに、17日に報告会