大酒飲みの女性、「乳がん」リスク1.74倍

大酒飲みの女性、「乳がん」リスク1.74倍

それ傾向がありながら確かめられた愛知県のがんセンター実験室は多量の日本酒を飲んだ女性の乳癌になりやすかったです。 共同通信社は2009年10月6日に報告しました。 1週間で酒の変換で7つ以上の組み合わせを飲んでいた閉経後の女性の攻撃率は、takashiwaの研究に従って疫学と予防部の川瀬主任研究員グループを全く飲まなかった人の1.74倍でした。 酒と乳癌との関係は以前、以来に欧米で指摘されたことがありましたが、更年期の後の日本人の女性ははっきりさせられました。 愛知県のがんセンター病院の乳癌と診断されていた1754人と乳癌は診断されていなかった3508人の女性が、分析されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療認定医をテーマに、17日に報告会 »
« 「検体取り違えられ乳がん手術」 雲仙の医療法人を女性が提訴