「検体取り違えられ乳がん手術」 雲仙の医療法人を女性が提訴

「検体取り違えられ乳がん手術」 雲仙の医療法人を女性が提訴

それは、別の患者として誤りをして、乳癌と誤って診断されます、そして、長崎地方裁判所島原支店は**のためにケースを持って来るのを理解していました。伴走それが完了していて、不要な手術が受けられて、雲仙都市の女性がトランスミッション決定が行われる慰謝料などのような約590万円で医師に相談した愛野記念病院(同じ都市)を経営して、それが長崎地方裁判所のこの政府機関で試みられるということである医療法人(貝の田のShigeo理事長)の協会。
女性は痛みに医師に相談しました、そして、認識における、胸の塊は去年の1月の陳情に従ったこの病院に相談しました。 この病院は、点検のために左の胸から検体を集めて、長崎大学大学院の研究設備に検体を送りました。 点検の結果、女性はこの病院の進歩をしている乳癌であると報告されました。 しかしながら、それはそうです。癌細胞が女性が3月に別の病院の乳癌の摘出手術を受け取りましたが、取り外される組織で見つけられなかったのは、前述です。
女性側「別の女性75歳の検体は愛野記念病院が検体を集めたのと同じ日に集められました。 それは手順、および研究設備の欠点の可能性のように考えられませんでした、そして、愛野記念病院は検体を間違いました、そして、それらは不必要な除去術を行わされました。 」主張で。 「他方では、 この病院. . 」 . . 相談するので、弁護士と共にコメントを開きます

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大酒飲みの女性、「乳がん」リスク1.74倍 »
« アラーキー前立腺がん告白、術後の自身を撮り写真集に