アラーキー前立腺がん告白、術後の自身を撮り写真集に

アラーキー前立腺がん告白、術後の自身を撮り写真集に

写真家。人気がある。 ..アラーは主要です。 ta**荒木(69)は独特の感覚表現で分かります、そして、それが前立腺癌であったのが理解されます。 それに、日付を入れたサンケイ新聞が7番目を報告したものがあります、そして、記事によると、火が付いて、操作を決定することになる癌のための昨年の夏です。 その場合、カメラは病室に持って入られています、そして、それは白衣の天使と操作の後に写真を撮ります。 私のだれが酸素マスクを身につけるか、そして、惨めな傷などがそうする表面が最新の写真集「東京zenritsusengan」(賢明な公表)で発行されると言われています。 写真集が荒木を発行して、病室で切れることヌード写真以外になどが女性のものによる今年の間、発行されている、それ、何、見られて、日常生活は写真を撮られたか。 荒木は、今2カ月毎に点検して、節を観測しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「検体取り違えられ乳がん手術」 雲仙の医療法人を女性が提訴 »
« アラーキーこと写真家、荒木経惟氏(69)が、新写真集「東京ゼンリツセンガン」(ワイズ出版)で、自らの前立腺がんを公表していることが7日、分かった。