アラーキーこと写真家、荒木経惟氏(69)が、新写真集「東京ゼンリツセンガン」(ワイズ出版)で、自らの前立腺がんを公表していることが7日、分かった。

アラーキーこと写真家、荒木経惟氏(69)が、新写真集「東京ゼンリツセンガン」(ワイズ出版)で、自らの前立腺がんを公表していることが7日、分かった。

写真家とアラーキーta**による新しい写真集「東京zenritsusengan」(賢明な公表)における自己の前立腺癌を公共にすることである荒木(69)が7番目を理解していたということです。
昨年の夏に、明るみに出て、操作を決定するために、それは癌であります。 カメラは病院のベッドに持って入られています、そして、白衣の天使の写真を撮ります、入院する場合「どんなそのような見込みもない」と言って。 それは作動した後に、酸素マスクを提供する私の顔と惨めな傷にそれを明らかにします。
荒木「何でも記録されて、表現されるとき、病気になるとき、atashiに、絵と文は写真で良いです。 死か人生までの考えが明確になるので」印象をもって。 女性の多くのヌード写真が集められます。 それはさらにいつ燃えるか。「**. 」Itが笑ったNanchatteをなくしました。 節は今、2カ月毎に血液検査によって観測されています。 実験的な写真集「空です」。遺作。 「2」は年末になると、発行されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


アラーキー前立腺がん告白、術後の自身を撮り写真集に »
« ピンクリボン活動低調 協議会設立2年目