ピンクリボン活動低調 協議会設立2年目

ピンクリボン活動低調 協議会設立2年目

乳癌の周りの県の中でがん対策啓発を扱う「ピンクのリボン食物保管秘密のコンファレンス。」(****Hisanoの県の医師の議長と議長) 活動は低調です、そして、「活動の内容もアウトラインもよく理解されないこと」や「承認レベルは低いことなど」の声が、設立の2年目の本年度に「0つの予算」のためメンバー企業と市民から出て来ます。 事務局は人の脳をだめにならせています、「それを持たないように小遣い銭なしで協会ができると思いたいと思います」と言って。「放縦を終えると、それはtsukuriされます。」 去年の7月に県に電話をすることによって、この会議はそれを設立しました。 それは県のがん対策販促計画「癌の診察受診率50%以上」の目標の達成のために「グラスルーツの県の運動の住民」による啓発を目的とします。 それを設立するとき、メンバー企業であり、グループは51です。 それは、いつでも入場を求めました、そして、現在、ほとんど増加する56ではありません。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


アラーキーこと写真家、荒木経惟氏(69)が、新写真集「東京ゼンリツセンガン」(ワイズ出版)で、自らの前立腺がんを公表していることが7日、分かった。 »
« がん患者 1人じゃない