がん患者 1人じゃない

がん患者 1人じゃない

10と11、チャリティイベントの両日に、癌患者と家族でチームを結合させる「2009年の中央の部分のリレーフォの寿命」が、24時間歩いて、理解を深めます、そして、交換は、岐阜市で研摩された岐阜大学です。 東海の北陸の地域で成立するのは、1回目です。 それを言って、実行議長hika**横山(40)が参加を求めている、「すべてを接続しよう、お互いである、」 (gawa**を提供します)24時間上演されて、それが85、およびそれで合衆国の医師が移ったグループへの貢献を癌に求め続けたので、出来事は始まりました。 増殖し続ける癌細胞で破られない願望は置かれます。 06年の茨城県の筑波都市は国内に始めによって9つの場所で08年保持されました。
今回、約40 500人か、より多くのグループが、参加の計画をします。 バザールと売店の支店以外に患者が容易に話すことができる場所は、準備されています。 ある、「Ruminarie、」 また、癌で10日の夜キャンドルの光で死んだ人を嘆くために。
さん/さん 横山は癌患者でした。 8センチメートルの角()の腫瘍は8月、 ‘05フィートで右腕の根で見つけられました。 それは「ユーイング肉腫」が骨をした癌でした。 抗ガン剤と放射線治療を受け取りました、そして、それは操作で取り外されました。
私は味のノー、を感じませんでした。髪が副作用で離れた件、手足が無感覚になった、そして、それが食べたもの。 その時、若くて、2人の子供が、自分達がローカルのアクセント、および自殺に関する考えで話すことができるとまだぶり返しへの不安と寂しさに言っています。 次に、筑波都市の出来事を知っていました、そして、関与しました。
癌。我慢強い。地面に置きます。してください。病気と戦ってください。薄くなってください。薄くなってください。茎。付いてください。車椅子。参加してください。人。外観。provide.Itは人の愚かに鳥肌が立ちました。リーナのものは会われていませんでした、そして、それは同一性で鳥肌が立ちました。 「それを支持する人がいます。 それは1人ではありません。 」
その後、患者が定期的に話したミーティングをなどなどの支援活動は互いに始められました。 「中央の部分は、癌に立ち向かうために円を膨張させたがっています。 孤独な人は、その人がまだそうであると考えます。 」さん/さんと共に 横山。 筑波都市の場合、交際を結んだ癌患者からアドバイスを得ました、そして、それはこの把持に達成しました。
10日の今回の午前11時?翌日のNoon。 個人の参加は募集されます、そして、1人あたり入会手続料は1000円です。 収益に関して、日本癌の社会対などに全額を寄付する、問い合せ: 経営委員会かFAX(0584・82・1278)へのメール( info@rfl?chubu.net )で。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボン活動低調 協議会設立2年目 »
« がん細胞、熱で破裂