がん細胞、熱で破裂

がん細胞、熱で破裂

- 西の首都病院だけへの設備を導入します。

治療法「温熱療法」の奈良市のA特殊装置の第6条は、その医療法人のヤスシ慈善協会が「西の首都病院」であると仮定しました。破壊された町では、熱のため癌細胞を挿入しました。 日本の温熱療法社会(Sakuri市)によると、県の個人病院の序論は1回目です。 前述であり、「80パーセントの癌患者には、回復しなくても、何らかの有効性がある」という(この病院)ことです。

PET(陽電子放射断層撮影)カメラが04で紹介されるとき、この病院はがんの早期発見に努力しました。 序論、「何か、」であることができる30万がどこに住んでいるか、より多くの1年間の内部は癌で全国を通じて死んでいます。「してくださいか?」 (高いhiyasushishin理事長) そして、3年は調べられます。 約6000万円の特殊装置はそこから買っているのが、全の国の約100の場所の病院の結果であったということでした。

温熱療法は使用されます。それが温熱療法、および癌細胞と呼ばれるのは、加熱するために弱いです。 癌細胞は、電極でボディーの内部に焦点を置いて、約42にそれを暖かくすることによって、破壊されます–高周波に従って分子をこするのによる44度。 また、抗ガン剤のような副作用もわずかです、そして、負荷が少しであるとボディーに言われています。

処理は保険アプリケーション物です。 それはそうです。6時間。 1万 患者のもののような1セットとして、約45の間の賃金はこの病院に一度それを書き留めます。 それは約3万円にそれを設定しました。 高い確率理事長「だれが癌のため癌で希望を失ったかを自分で生活に示すことができる治療法。 病気の特徴がPETとしてのそのようなものに像を描いて、山の結果に取りたくて、それは最大限の利点を活用したがっています。 」それは話します。 問い合せ: この病院(0742・35・1215)に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者 1人じゃない »
« エイアイジー・スター生命、ピンクリボン運動の啓発TV番組を提供