トランスジェニック、膵がんの新規腫瘍マーカー実施権取得

トランスジェニック、膵がんの新規腫瘍マーカー実施権取得

トランスジェニックが持っていた7日に発表されたバイオベンチャーが、その膵癌の新しい腫瘍マーカー国立がんセンターのアプリケーション特許に関するライセンス契約が発明したと結論づけたkumamotodaigakuhatsuのトランスジェニックとヒューマンサイエンス振興財団。 トランスジェニックは日本とこの発明の特定国でこの契約で通常実施権を習得しました。 特異的酸化変更が、膵癌の腫瘍マーカーとして役に立つように膵臓の癌患者から検出されたタンパク質であることがわかった契約が反対する発明によって。
医療/人生

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


エイアイジー・スター生命、ピンクリボン運動の啓発TV番組を提供 »
« 切らずにがん治療