フラダンスでがんの子供を支援するコンサート

フラダンスでがんの子供を支援するコンサート

癌に苦しんだフィリピン、「tou、ruppuに踊られて、Iokepineはporineshianする」グループで子供を支持するために、熊本都市のフラダンスなどのポリネシアのダンスを教えるのが都市の国際交流ホールでチャリティー・コンサートを開催しました。
カラフルな衣服で、約25人が彼らに4歳から南を大人に考えさせるのは、働きます。 約400人は実行されます、そして、激しいリズムの旋律に従って、ダンスは先でくつろいで行われた音楽をひっくり返す打楽器とひょうたんで実行されます。 また、癌患者の子供のライフスタイルを紹介したイメージは、上映されました。
始められるのからの2007年の同じ教室の代表によるフィリピンダバオ市の来ることのその博愛ジョセフィーヌ・上田(48)。 癌の治療が貧困から受けられない子供を支持する「ダバオ市と子供癌の基金」に入場料の部分などを送ります。
(2009年10月9日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


慢性疲労症候群:ウイルス「XMRV」が関与 米がん研 »
« 慢性疲労症候群:マウス白血病「XMRV」ウイルスが原因