がん細胞、病気の進行につれ遺伝的変異 カナダ研究

がん細胞、病気の進行につれ遺伝的変異 カナダ研究

【10月9日のAFP】カナダでのブリティッシュコロンビア癌の組織(ブリティッシュコロンビアCancer Agency)の調査チームは、8日に彼らが、癌細胞が世界で初めて病気の進行で遺伝的変異を引き起こしたと確認したとイギリスの科学雑誌「ネイチャー(ネイチャー)」に発表しました。 それが新しい治療法の可能性を示している発見になると言われています。
調査チームは確信している乳癌患者のために3つの病気の段階でDNAの数10億の文字列のすべてを分析しました。 分析のために数週間だけそれを必要とした期間。 DNAのすべての分析が世界初です。
現在、セルは通常、死ぬまで分割を繰り返しますが、DNAの遺伝子コードはそれぞれ新しいセルにコピーされます。 DNAのキャラクタのスペルの誤りに不可能になると癌が起こることができると言われています、一言で言えば、起こって、新しいセルを制御する変異。
調査チームは、後で、局所腫瘍(腫瘍)と、女性の健康なセルと癌と診断されると9年間転移していた癌細胞に関してそれぞれ変異があったかを調べました。
初期の腫瘍における、DNAの5回の変異があります、そして、それは転移癌細胞の中の32の断片まで増加しました。 癌の病気の外観の原因になっている知るのではなく、初期の変異が言われる5。 
乳癌の要素の理解が深められて、個々の患者の処理の開発に通じるとき、初期の腫瘍と転移している癌細胞の両方について分析すると、それは調査チームに予想されます。 (c)AFP/デボラ・ジョーンズ

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


慢性疲労症候群:マウス白血病「XMRV」ウイルスが原因 »
« 乳がん検診を 明石天文科学館にピンクリボン