がん患者にアロマセラピー 宝塚市立病院で好評 

がん患者にアロマセラピー 宝塚市立病院で好評 

心身は植物から抽出された芳香成分で進められます、そして、宝塚市立病院(オバマ4)は回復を取る「アロマテラピー」とshitariを使用することによって癌患者の痛みと不安を緩和するアプローチと美の効果を進行しています。 この病院について「その領域の他の病院にそれを広げたいと思うこと」は、芳香の油の人気があるなどを使用した手足へのマッサージです。 , それを言って、「リラックスするのは、可能である」というなど

2006年のこの病院でのアロマテラピーの試験導入。 インストラクターなどの専門家は招待されます、そして、勉強会はボランティアの医師と看護師として開催されました。 礼儀正しい委員会は今年の7月の議会に設立されます。 それは言われています。この病院に従った公立病院での珍しいアプローチ。
それは看病する患者の家族にそれを実行します、そして、インストラクターから指導を受ける看護師は、癌の兆候を和らげるパリアティブ・ケア部の患者を主にマッサージします。 膨張と退屈感じが軽くなるという効果が見られると言われています。 そのうえ、通院患者で受け入れるとき、環境の周りでにおいについて投げられる芳香瓶は、議会の約15の場所で設定されます。 また、また、それはそれを言って、「病院に独特の匂いがしない」という通院患者などによって歓迎されています。

この部に入院する男性患者(82)は、初めて、マッサージを受けます。 「だるいのを取ることができます。 毎日、それを受け取りたいと思います。 」それは話しました。
(Shigeru**をkitsuranuします)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん検診呼び掛け はがきでPR »
« 熱海で写真展、沢田政広に迫る 乳がん克服の荒さん