熱海で写真展、沢田政広に迫る 乳がん克服の荒さん

熱海で写真展、沢田政広に迫る 乳がん克服の荒さん

展示会「matsurigotohiroの彫刻の魅力’Munekami(muna kami)、’Sawada」の市のmatsurigotohiro Sawada記念博物館における9日に熱海市のプラム果樹園町で東京の生活の(45)が始動した写真家arataekoに写真を撮ってください。 それは乳癌における操作で扱っている間に会うmatsurigotohiro Sawada(1894–1988)の彫刻の写真を撮ります。 「生きるように喜びに言いたいと思います。」と、荒さは話しています。
30歳のときに写真を始めた荒さは、2004年に乳癌で右の胸のすべての摘出手術を理解して、受け取りました。 処理に苦しみますが、それは写真を撮り続けます、そして、同じ名前の「それが’Munekami(muna kami)?’乳癌にかかった日」は「死のプールの周りを歩き回られた」(荒さ)勝利に関する06個の土門こぶしの文化的な賞の奨励賞で発表しました。 この仕事展示会は、5年間処理の期間が編集であると仮定します。
それは昨年の熱海都市で両親の別荘まで続いたこの博物館、「声を聞くために、勇気が沸騰したと感じている」際にSawada仕事に触れています。 「1月から1年間の半分は、今年、借入れで常設展示の青銅の木彫「白日夢」と「海の賛美の歌(それはさんですか?)」と「****(したがって、きゅう)」などの写真を撮ります。」 14ポイントは約1800の断片から選ばれました。 作動した後に、自己のヌードをコピーする1ポイントの仕事もあります。
文化勲章受章者と熱海市の作品が市民のmatsurigotohiroを尊敬したこの博物館では、Sawadaが集められて、Sawada仕事以外の展示会は1番目です。 「いつの時代にもさん/さんのように走る芸術を追求したいと思います。」と、荒さは話します。 「Sawadaの仕事。」
写真展: 12月24日まで。 荒さによって引き起こされたトーク出来事と写真家鬼石mitsugusanが持たれている、半分、午後1時、11月8日に。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者にアロマセラピー 宝塚市立病院で好評  »
« 患者のペース尊ぶ緩和ケア