患者のペース尊ぶ緩和ケア

患者のペース尊ぶ緩和ケア

癌や不安などの病気のためボディーの痛みを和らげる「緩和剤の注意。」 Health大臣ががん対策の基本法則の強調項目で指定する「地方の癌の診療のための基地の病院」が、結合するべきである、医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、およびソーシャルワーカーとしてのチーム、そして、残念なことに、パリアティブ・ケアで存在しています。 県のベース病院は6つの病院です。 パリアティブ・ケア専門の区がある三豊総合病院(観音寺市)はそれで訪問されただけです。 (Kiyonoをyuumarekoします)

設立は00年です。 区によるよく調べることができる5階では、山が平らであるということです。 家族と費やされた時間を評価するために、面会時間には制限が全くありません。 一度、1週間と茶会は台所に供給されるラウンジで開かれます。 トイレが個室にある状態で12アルコーブの病室が家族のためにすべてのベッドを置いても、十分な領域があります。 看護師は15人です、そして、2交互システムは確立されています。

野田hirokoshiのヘッド「それは我慢強い支出時間を得ます、そして、気持ちが引っかかっている環境は重要です。 緩和ケア病棟では、それは彼のペースによって患者の支出を最優先させます。 」それは話します。

例えば、熱は見られて、取って、温度が声を患者に掛けている間定まっている時間であるので、kikaiで測定されませんが、ボディーに触れているということです。 それであるときに、善良さが患者を受けるか否かに関係なく、まさしくそのであることは、言われていて、そこであるなら静かなアドレスが当惑している家族であるということです。

昨年、この区に入院する患者は109人でした。 平均在院日数は約1カ月でした、そして、103人はここで死にました。 しかしながら、「死ぬのを助けませんが、緩和剤があなたに、なるように気にかけるように思えて、生き続けるのを助けるのを知って欲しいです。」と、野田のマスターの頭は強調します。 また、例が寝たきりである患者が痛みを軽くするところにあって、それが歩くことができる状態で生まれたと言われています。

症状緩和の勉強会は85年間議会でこの病院で重ねられました。 白河のwayutakaディレクター「医療患者の痛みの出発点を取るのにおいて、パリアティブ・ケアは特別な医療ではありません。 それは患者と家族でボディーにもかかわらず、精神的に社会的に、サポートが必要である痛みをまた保持するのにおいて苦痛であるだけではありません。 」それは言います。

癌で死ぬ人は、県の中で1年あたり約3,000人に上がります。 他方では、緩和剤の注意が家にいることによって支持される家の回復サポート診療所による言われていて、実際に機能を果たすその施設が、半分を来ないということです。 白河ディレクターは上告、「必要な医療資源は何か居住しているものと管理を一緒に見なすべきです」です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


熱海で写真展、沢田政広に迫る 乳がん克服の荒さん »
« がん遺児奨学金PR アフラックが募金活動