がん遺児奨学金PR アフラックが募金活動

がん遺児奨学金PR アフラックが募金活動

アフラック県の仲間協会(掛川のkiyotakashi議長)は、9日にセンターの通りが分ける宇都宮市の基金を調達して、「公益信託のアフラックの癌の親のない**は基金を研究するところ」で協力に懇願しました。
この基金は1995年に癌のため近親を失った高校生のために確立されました。 1391人は支持されます、そして、これまで、総貨幣量は、8億円を超えていました。
新入生は11月に来年度に欲しくし始めます。 男性の新人募集番号は全国を通じて120人です。 月額2万5000円を卒業に供給する、(不要である、回復)
このミーティングは「自らで多くの当惑しているお金の高校生を助けたいと思います。」であると思われます。
この基金への問い合せは、アフラックPublic Relations部と、電話03・5908・6411です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


患者のペース尊ぶ緩和ケア »
« 福知山城をピンクにライトアップ 乳がん啓発事業で