宇都宮タワーをピンク色に 乳がんの撲滅訴え

宇都宮タワーをピンク色に 乳がんの撲滅訴え

【宇都宮】都市は都市で早期発見の重要性と乳癌の早期治療に懇願する「通りキャンペーン」に10日の各場所をします。キャンペーンは自己触診方法で確立していた状態で分配で塊感を経験できる乳癌チェック角と自己触診をチェックする方法、および目的を理解しているリーフレットの胸のモデルをセットアップします。
健康管理販売促進メンバーによる都市と様々な場所地区のヤクルトの女性でのリーフレット分配はさらにして、八幡山の宇都宮塔が31番目まで駐車するまで信号がピンク色に向上するということです。
通りのキャンペーンのスケジュールは以下の通りです。
オリオンの市の森林公園は*24でKiyohara体育館(栃木のburekkusu試合会場をリンクする)を二乗します、そして、(ジャパンカップの前の夜のフェスティバル)県の緑色のスタジアム(栃木SC試合会場)*の25番目は*10番目のうちの18番目のうちの24番目を二乗します。東武-宇都宮デパート(ジャパンカップホールと分配だけ:)における5階。
問い合せは都市の健康な改良セクション電話028・626・1126です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県がん対策推進条例:施行 10月10日「向き合う日」に /奈良 »
« がんの早期発見を 福山市、街頭で呼び掛け