がん早期発見へ、受診率向上イベント

がん早期発見へ、受診率向上イベント

初期段階に「癌」を発見して、死亡者数を減少させるために、癌の診察の相談速度向上を目的とした出来事は、開催されました。
「癌は早期発見と早期治療で下ろされます、そして、初期で回復する死亡率は、下げられます。」 「(治療省トップのnagatsumaakira)。」
この出来事はものによる長さの妻の厚生労働大臣の参加が癌の診察の受診率の50%の達成を目的とするために開かれて癌の診察の受診率を上げる重要性に懇願しました。
癌は30パーセントが20パーセントとまだ低レベルからの国内の国に関するものです、もっとも、欧米は癌の診察の受診率が70パーセント以上ですが、死因が1位がありますか?
したがって、厚生労働省は、癌の診察に関する心配を改良して、早期発見と早期治療につながるために「癌の診察受診率を上げる集中月」になるように10月が毎年であると仮定したがっていると仮定しています。 (10日の18:23)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんの早期発見を 福山市、街頭で呼び掛け »
« 悩めるがん患者支援 「哲学外来」を開催 福島・11月