悩めるがん患者支援 「哲学外来」を開催 福島・11月

悩めるがん患者支援 「哲学外来」を開催 福島・11月

癌の患者支持器、「ヒイラギの群集、」 福島では、市が、11月1日に福島市の健康福利事業所の県の中で最初の「癌の哲学通院患者」を開きます。 溝のnokyouotto教授=病理学と腫瘍(腫瘍)研究=は患者と医療人が癌で順天堂大学医学部に関してその方法を正反対に熟考する「癌の哲学通院患者」について提唱します。 それは全の国に広まる予定です、そして、このミーティングは話されていて、「定期的な把持につながりたいと思う」ということです。

当日通院患者は、溝分野教授で采配を振って、約30分間患者の心配を聞きます。 また、家族も同じ席が上手です。 患者の満足が大きいと言われています、癌の哲学通院患者で医療行為をしませんでした、そして、病歴を書きませんでしたが「医師は話をきちんと尋ねました」と言って。
ヒイラギの群集の小さい代表している仲介役Takeshiの(74)が医療のサポート不足を精神面と感じた、強く突き抜ける、自己の癌の戦い、病気経験に対して。 癌の相談サポートセンターはベース病院による2007年のがん対策実施の基本法則でセットアップされるようになりましたが「スタッフの大部分: 患者は、医師に話を聞いて欲しいのですが、医師を除きます。 不満はミーティングに大いに引きつけられます。 」それは話します。
福島「癌の哲学通院患者」の参加は無料です。 容量は多くの人々による先着順です。 どこで接触を作るかは、0916です。このミーティング024(558)…

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん早期発見へ、受診率向上イベント »
« 乳がん検診受診を アグネスさんら早期発見訴え