乳がん検診受診を アグネスさんら早期発見訴え

乳がん検診受診を アグネスさんら早期発見訴え

10日に岐阜市でJR岐阜駅の北口広場の周りで岐阜のピンクのリボンキャンペーン2009をしました、そして、市民公開講座などを通して早期発見につながった乳癌診察の重要性に上告しました。 ..啓発、乳癌診察について。 ..”…

約80人の女性が初めて県の中でして、ステーションの周りの中央の広場で同じようにセットアップした乳癌検診車のこのキャンペーンに無料の胸部X線写真診察を受けました。
人々が参加する600に関して、市民公開講座はjuurokuで同じ都市の橋本町で広場を開きました。 乳癌患者の歌手のアグネス・チャン: トークショーにおける自ら。 もっともなどが癌にかかった食事は健康で注意され続けていました。「20人の日本人の女性という1人が乳癌にかかる時代に、私は、あなただけが安全でないと思って欲しいと思います。」。呼ばれる乳癌診察の相談。
橋がSatoru山本、**北の厚生病院、吉田一浩、岐阜大学腫瘍(腫瘍)外科研究教授、岩瀬hirashi、病院の女性の社会の青白い朝の主要な乳腺部長がお尻を出す癌(癌)、および乳癌患者協会の代表の代表をwatatomomiする、「Daybreak岐阜、」 絶え間なく、公開討論会における乳癌診察に関する意見を交換しました。
岩瀬の医師「異常が自己診察で異常に気付くのがわかっていないとき、私は、私の胸の状態を知って欲しいと思います。 それに、診察は重要です。 」話す、そして、橋接触代表。解決します。 :. 「診察が受け取られていて、異常を見つけないなら、安全を得ます。 私は、それのための診察を受け取って欲しいと思います。 」それは上告されました。
同じくらいが改良されたステーションの周りの中央の広場の地域は夜、光の中で突かれます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


悩めるがん患者支援 「哲学外来」を開催 福島・11月 »
« がん克服へ支援訴え 小松島市、24時間リレー