がん克服へ支援訴え 小松島市、24時間リレー

がん克服へ支援訴え 小松島市、24時間リレー

shiokazeが耕す小松島市の小松島町のkouで始められた癌の撲滅が、10日にそんなに上告されていた状態で、チャリティイベントは「リレーフォの寿命を解決した2009に縞をつけます」。 患者と家族は24時間それをリレーしている間、歩きます、そして、それは理解とサポートを癌に求めます。
リレー散歩は約200メーターの散歩道路で一度実行されます。 それは書かれたバナー(54)=阿南市として西michimiを町に発ちました、そして、会社の管理=はそれを「明日、光り輝く」ikioi**Keisukeが、午後1時に掛けられた直腸癌を克服して、コードが相次いでつながったということでした。
また、それの前に話したIkioi**が始まった、「いたのを知って欲しい、その結果、エネルギッシュな癌患者、」 散歩道路では、強力なステップで支援者の暖かい拍手を受けている間、歩きました。
リレー散歩は11日の午後1時まで続けられています。 また、参加参加も可能です。
資金調達箱はホールに設置されました。 貢献は、基礎と日本対癌の社会に提示されて、癌の診察を改良するのに使用されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん検診受診を アグネスさんら早期発見訴え »
« ピンクに輝く壱番街ドーム/乳がん月間に合わせ