臓器・骨髄移植登録呼び掛け 高校生が買い物客に

臓器・骨髄移植登録呼び掛け 高校生が買い物客に

臓器移植と骨髄移植の普及の啓発キャンペーンは10日の佐賀市の夢の町の佐賀でした。 およそ.買って出てください。 80人は、パンフレットの買物客から理解を広げて、要求しました。 販売促進の10月の月に従って、県の臓器バンク、九州骨髄銀行販売促進レポート会議、および県などは毎年、開きます。 それは今回の3番目です。 また、高校生はキャンペーンに参加しました、そして、それは臓器移植意思表示カード所有と登録を骨髄バンクに求めました。
年度2009の県の腎臓移植応募者は、40人と、91人の眼球申し出登録の人々です。 それは非常に低いです、そして、8月の終わり現在、骨髄ドナー登録は2669人ですが、適合する可能性は多くの協力を要求します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクに輝く壱番街ドーム/乳がん月間に合わせ »
« 「乳がん月間」検診呼び掛け 早期発見願いツリー