「乳がん月間」検診呼び掛け 早期発見願いツリー

「乳がん月間」検診呼び掛け 早期発見願いツリー

4丁目の宇都宮市の積極的な南の県のがんセンター(ヘッドTetsuro児玉)は、31日までピンクのリボン木をロビーに飾って、乳癌の早期発見が早期治療として呼ぶ乳癌月に従って、乳癌診察を求めています。
患者からのメッセージ、だれ、スタッフ、そして、扱いが木のタイプのobjetに接続された多くのリボンに書かれているということであるか。 自発的に奨励されています、「私は強い癌より強く」、「早く利く薬は、開発されている」という鋭い願望単語も。
同じセンターは乳癌を含む6つのコースの癌の診察を1日に始めました。 女性スタッフは胸部X線写真などの技術者を含む乳癌診察に文通します。 望んでいるなら、女性医師による診察は受け取られています。
omichikoが治療する乳腺の手術のオリジナル「癌にかかっているので、それ自体だけがかわいそうだと思うということではありません。 防止と早期発見は重要です。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


臓器・骨髄移植登録呼び掛け 高校生が買い物客に »
« 劇団往来:骨髄移植へ理解を 「もう一人の君に!」きょうも上演--和歌山 /和歌山