ホスピス公開講座:がん患者の苦しみ受け止めるケアを--近江八幡 /滋賀

ホスピス公開講座:がん患者の苦しみ受け止めるケアを--近江八幡 /滋賀

癌患者の心身の苦しみを和らげたホスピスとパリアティブ・ケアの公開講座は青海-HACHIMAN CITY takakaの同じ都心の労働者の福祉で開かれて、世界ホスピス緩和剤の日における10日の町南4に気にかけられるということでした。 また、経験豊富な癌、および約200人が聴いたなら、医師による講演と公開討論会はだれかから自らに来ていました。
ホスピスとパリアティブ・ケアに関して理解を深めても、会議パリアティブ・ケア販売促進部会と県の癌の診療のための県の老人病センターはそれを保持します。 tsudashinの記念病院とパリアティブ・ケア部長*老人病がOtsu市民病院の中心に置くhoriyasushi**とパリアティブ・ケア部の理事長*vo-rizuのホスピスのHosoijunと長さは、癌患者のためにそれを厄介にしながら、態度とシステムを話しました。
さん/さん Hosoiは5年前に腎臓癌で手術を受けて、去年の秋に今胃癌のため堀を扱い続けます。 堀は癌になります、そして、重さは15キロ減少します。 「やせてスマートになってください」というなど 持っているとき、環境の奨励で破損して、それは振り向きます。 「医師として世話をして、私が癌にかかったので、それがかなり異なっていたと感じています。 信頼できる情報と気にかけて、いつも受け止められるシステムが、必要です。 」それは上告されました。
そのうえ、 さん/さん Itはshindosaと患者の心のボディーについてshindosaを聞いて、ともにあるはずです。津田: . 「病気正反対shindosaを理解し始める態度は、重要です。」Itは話しました。 【南Fumie】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


劇団往来:骨髄移植へ理解を 「もう一人の君に!」きょうも上演--和歌山 /和歌山 »
« スイーツマルシェ:乳がん検診の啓発活動--あすまで高松で /香川