リレー・フォー・ライフ:「弱音を吐くな」 がん闘病、遺志つなぐ /高知

リレー・フォー・ライフ:「弱音を吐くな」 がん闘病、遺志つなぐ /高知

あるいはまた癌患者がウォーキングを取って置いた「高知のリレーフォの寿命」24時間の出来事は10日に市の丸の内高知1の城の西公園で開かれました。 乳癌を克服した同じ都市のMichi山下(51)は中で参加しました。60歳のときに今年. . 5月の同じ病気による実行委員会として手で死んだ和田****の故人の絵。 「それはそうです。」「愚痴ってください。」 さん/さん 山下は、和田さんの死にかかっている願望がつながることができるように、ホールで合計で1000人以上の仲間(オーガナイザー発表)とコードを結びました。 【1000wakiyasushihira】

さん/さん 山下は高いshiiサイズ(現在の高知大学)における乳癌と5月(’03フィート)の付属病院と診断されました。 「私は死にます。」 「それが、無力な1番目で、まさしくそのである泣き叫んだ、それになった、」 しかしながら、このYuanに通勤した約10人の乳癌患者と共に仲良しになりました、そして、いつも積極的な和田さんに会いました。
さん/さんです。 山下は放射線治療のために1カ月入院して、和田さんは隣のベッドです。 そして、「そこの食べ物は美味しい」、「-順調なあなた、-、沖縄から得る、」 「さん/さん」 山下は癌でした、そして、それは住んでいませんでした。
さん/さん 山下は操作、抗ガン剤処理などで激しい吐き気を我慢します。 , 同じくらいの終わりで年を病院に発って、乳癌を克服します。 他の和田さんは転移しました。癌であって、弱められます。
南都市で県の中で高知大学医学部で1番目になったリレーフォの寿命は、去年の10月に開かれました。 また、和田さんは、酸素ボンベを運びながら、参加します。 それはパワーが来なかった手があるsenbazuruをやめました。 それは死にました、願望であるのにもかかわらずの、1年間の約半分が示された後に、「来年、出かけたいと思います」と言って。
さん/さん 山下は部分として専修学校の寮のダイニングルームで働いている現在、側による高知の癌患者協会NPO法人のメンバー「1yorokokai」(088・854・8762)としての普及のなどの活動にかかわります。
医療関係者、患者、および家族は24のグループに分割しました、そして、それは、この日正午に歩き始めました。 11の番目ものの正午がそれとそれをリレーしている間、それを通過するまで、それは24時間歩きます。 さん/さん 断続的に約3キロ歩いた山下「また、明日の人生が理解されないのを心配する癌患者がいます。 私は、どんな単独の心配にも相談しないで欲しいと思います。 同じ痛みを知っている仲間がいるとき、それは心強いです。 」それは上告されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


スイーツマルシェ:乳がん検診の啓発活動--あすまで高松で /香川 »
« 2日、脳腫瘍で亡くなった今泉希龍さん 福岡・川面主将を遺族が応援