2日、脳腫瘍で亡くなった今泉希龍さん 福岡・川面主将を遺族が応援

2日、脳腫瘍で亡くなった今泉希龍さん 福岡・川面主将を遺族が応援

「一緒にプレー」は人の人生と病気に対する戦いの間、夢見られます。
それは講堂の福岡ですばらしい体力キャプテン(34)川の警備の表面について親交がありました、そして、imaizumimareによる16歳のときに脳(腫瘍)の腫瘍で2番目の上で死んだ(長崎県の佐世保市)4人の遺族が、補助するのにしゃべって声をからしたということです。 さん/さんですが、人の人生の残りは去年の4月に判決を下されました。 Imaizumiは1年としてバスケットボール選手でした。 それは7月の知人の紹介で病気ミーティングと川の表面、およびリターンの望みと戦いました。「一緒にプレーしたいと思います」と言うそれ。

遺族は問題の人がこの日の人生の前で使用したバスケットシューズで見ます。 母と米の芽(41): 福岡は89–90で破られましたが。 「最終段階での追求はひどくて、良いゲームでした。 私は、プレーヤーに一生懸命、考える子供の数、’かごをしたいと思う’という未来が増加させるそのコネを扱って欲しいと思います。 」それは触れられたように思えました。
== 2009/10/11では、dukinishinihonはスポーツをします。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


リレー・フォー・ライフ:「弱音を吐くな」 がん闘病、遺志つなぐ /高知 »
« ホスピス講演会:患者の“痛み”理解して 豊見城