ホスピス講演会:患者の“痛み”理解して 豊見城

ホスピス講演会:患者の“痛み”理解して 豊見城

「人生と人生を回転させる反対側いた人の近くのドリュー」(それを後援しながら会うのはホスピスについて考えた)に会った9番目のホスピス講演は、11日のTomigusukuの中央の公会堂でした。 癌の看護している専門の看護師と淀川キリスト教病院に勤める田村恵子が、それについて講義します(大阪府)。 「死はすべての人々が必ず訪問されるところの真実です。 私は考えで死んで、付くことによって人生で正反対で立派の生活の重要性を感じるようになります。 」ホスピスの気にかける、パリアティブ・ケアなどの必要性は強調されました。
それは病気の初期段階の病気の回復の可能性にかかわらずホスピスの気にかけるのとパリアティブ・ケア包含への家族のために豊満な人を扱います。 初期段階の実行は2007年に制定された「がん対策の基本法則」のように述べられています。
だれかが主として癌患者が看病する進歩を引き受けます。田村さん、ホスピスでは、実際の患者の単語から癌患者の複雑な心理について説明します。 「様々な苦心の基礎に理由を住ませる’霊的な痛み’がある」として「肉体的機能の喪失の揺動や、人間関係の損失や、アイデンティティなどと患者にとって、苦痛な一生の仕事の反対側の損失の連続における私の存在の意味の問題。 理解されないなら、それは心に触れることができません。 」それは話しました。
人生の目的が正反対によってそれらの質問に見つけられるか、または利かせ始めると言われていて、望みが回転されている「価値観の変換」は起こるかもしれません。
田村さんは、癌患者が処理を終わらせてもぶり返しと進歩への恐怖を拭くことができないと指摘します。 医療側の問題は列挙されました、「(扱った後に) 単に、医療人がそうすることができたメカニズムは、関連していた状態で経験するでしょう」と言って。 そのうえ、それは、’医療界でそれを治療しない」ように「重要性に気付いて、そうすると考えられましたが、必要だった状態で近い真実を確かめたのは、何かそれを治療するのが、可能でなかったものがあることを認めて、勇気、謙遜、および誠意を持っていた’敗北で話しました。

(琉球新報)

2009年10月12日

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


2日、脳腫瘍で亡くなった今泉希龍さん 福岡・川面主将を遺族が応援 »
« 「がん 恐れず、前向いて」