「がん 恐れず、前向いて」

「がん 恐れず、前向いて」

癌にかかると恐れなく、コネが正数を隠しても、それは隠されません。 。癌患者と家族の交換が試みられたとしても、南部アルプス市15の地域のTakashi小笠原(65)は「**(癌と癌の癌)baru協会」を立ち上げました。 すい臓癌は見つけられました、そして、それは人の人生の残りに判決を下されました、そして、「死は決定していたこと」が、今年、操作で命を救いました。 病気と戦ってください。人生。発信してください。中。同じ。病気。戦ってください。仲間。エネルギッシュ。会うこと。make.Patientの交換協会と医療に関する勉強会は開催されます、そして、早期発見と処理の重要性は広く上告されます。 「取って、1つに重荷をおろさせるために癌にかかった悲観的な視点がすべてを煩わすということでなく、幸福にそれを費やしたがっている」ために尋ねます、そして、「Warasusuはshoushinshoumeiをwarameiし」て、それは活動への参加のためのキャッチフレーズを尋ねます。「残っているなら、それはそれのようにもう1カ月の4です。」 「重さが12月の5キロと昨年の1カ月減少したので、点検は今年近い医療機関で受けられました、そして、癌の疑問は指摘されました。」 癌細胞はすい臓で総合病院の徹底的な検査で判明しました、そして、それは医師によって人の人生の残りに判決を下されました。 それは13年間古い櫛形の町として兵士と南部アルプスの市会議員を満たしました、そして、議長は市会議員時代に相次ぐ維持されました。 昨年の任期満了に伴う政治の世界からボディーを引くことによって2番目の人生についてさまざまに考えたとき、それは矢尻でした。 「私は、議員として働き続けるなら点検を受けないと思います。 この世で夏に、それはありませんでした。 」それは振り向きます。 それは、手術を受けるために入院しました、そして、病気人生に対する戦いは始まりました。 「操作が成功するなら、同様に癌と戦っている人々は、それをライブで奨励するのにお互いが欲しいです。」 「死は決定していましたが、それを言うのは「それを後悔しません」」 重病から受けられるのにおける2番目の人生が当然であると決められました。 それは、作動した後に、ミーティング就任を目的としながら、動き始めました。 「癌に判決を下されても、それは容易に環境に言われません。 すべてについて話している間、不安を失いましょう。 」。それは、そのように、そして、および10時頃の都市の外の癌患者を患者と家族のような人々と呼びます、となどは、今までのところ、推測しました。 それは定期的に集まります、そして、交換協会以外に診察などの相談を求めます、そして、研究協会が行われます、そして、PRは癌と処理の早期発見の必要性をします。 それは、サポート・システムの増進が管理から要求されると思います。 さん/さん 小笠原は、放射線治療が今定期的に病院に行っている間に受け取られている抗ガン剤と毎日を管理し続けています。 それは「仲間」の参加のために善良、およびガンジスカワイルカを練習している間に癌にかかる人から呼びます。笑い。 ..笑い。 恐れるなら「癌にかかった気持ちですべてを笑って、病気に立ち向かいたいと思います」と言うmei。死。 ..kowa keは手に入れられません。再発してください。そして、転移、一度。
問い合せは0836です。さん/さん 小笠原と電話090(3146)… 物は患者、家族です、そして、また、匿名による参加も可能です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ホスピス講演会:患者の“痛み”理解して 豊見城 »
« がん情報最前線新規記事公開中