メディネット、ナノキャリア社とがん治療分野での包括的な共同研究提携で合意

メディネット、ナノキャリア社とがん治療分野での包括的な共同研究提携で合意

今回、神奈川県の横浜市、tsukasado取締役の最高経営責任者木村)、ナノキャリア株式会社(それは千葉県のオーク都市、社長、および代表のディレクターの**イチローである)..medei; 株式会社をnettoする、(; 技術、知的財産、ノウハウ、および2つの会社がそれぞれ持っている研究ネットワークなどを結合させてください。包括的な共同研究契約は、癌の処理分野で新しい薬や医療技術などの発展を目的としながら、締結されました; medeiされる、癌のために免疫で臨床で処理される偽りのヒト細胞; nettoが持っている、その最新の技術を薬の用法のミセル粉体工学にするナノにかかわるための素晴らしい技術、ノウハウ、およびナノキャリアは、出ます、特にタンパク質などの重合体、Respectively。ネットワークについて研究してください。遠くに. . そうを結合させてください。. . 治療方法. . 癌領域高度な..research話題ジョイント研究を確立してください、開発..promote.Developmentは現在の研究話題の目的とするとして強化されています。元の癌管理の達成が管理の新しい概念を基礎づけたtや抗原提示細胞を使用するミセルに作成でされた薬による新しい癌の管理、サイトカインの様々な効果細胞、および細胞治療との組み合わせの開発と抗ガン剤が有効でない癌の幹細胞を目標にする薬の開発など。
癌の免疫細胞治療の医療機関は、技術、それを実行するのに必要なノウハウであり、さらに、すべてのリソースを提供して、medei、nettoに提供された「免疫細胞処理統合支援活動」を提供しています。 免疫細胞処理が既に分子レベルで高値における我慢強いQOLを維持する癌細胞を攻撃する新しい癌の経営者側としての臨床(Lifeの品質: 生活の質)のレベルに適用されて、有効性と安全を向上させるのは、促進して、癌の治療で積極的な研究開発と技術開発を弊社で進めます。
ナノキャリアは、薬、遺伝子療法、および診断薬へのミセル粉体工学への作成のナノのパイオニアとして作成のナノをミセル粒子に適用するアプリケーション開発などを進める創薬バイオベンチャー企業です。 特に、作成のナノをミセル粒子に適用する薬は、日本からのナノテクノロジーを基礎づけました: 薬を制御する際に、ミセル粒子内まで利かせてそれを副作用が引き起こされる密度より下であるまで調整するナノから、放出してください。 癌患者の副作用を減少させて、薬のシフトの腫瘍などの量を増加させるのによる効果を高めなどなどの特徴があります、そして、高い加算値がある抗ガン剤の開発は予想されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボン大賞ポスター »
« 甲状腺がんからの復活 ベー・チェチョル奇跡の歌声