甲状腺がんからの復活 ベー・チェチョル奇跡の歌声

甲状腺がんからの復活 ベー・チェチョル奇跡の歌声

声が甲状腺癌のextirpative外科によって失われて、3年がそこで東京と渋谷区における99番目の誕生日のホールで行われた12番目のリサイタルを適用範囲に反応させたので、厳しいリハビリテーションによる奇跡の復活を実行した韓国のテノールにはchechoruがある、前
「喜び?歌う喜び、および全国的なリサイタルはそれが住んでいるところで2009をツアーすること」が10日を始めます(6つの全国的な性能)。 去年の12月以来教会などで活動を再開していましたが、戻った後に、1回目になる本当の全国各地の視察に「それは私のために大きくこのツアーに挑戦します。 以前、まだ状態に返されていませんが、それが歌わないなら私がどこに存在するかを意味してはいけません。 」再び立った熱意が、話された、ステージになろうとしています。
..14.. 驚くべきグレースを含んでいて、リサイタルで熱狂的に歌ってください。 「病気の人と気難しい人は、私が歌うと外観を見るのによる人生のパワーと感じているかもしれません。」 「「奇跡の歌声」はホールとそれで広げられるように聞こえました。」

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


メディネット、ナノキャリア社とがん治療分野での包括的な共同研究提携で合意 »
« ナノキャリア<4571.T>とメディネット<2370.T>、がん治療分野で共同研究