がん粒子線治療装置の小型化技術を開発 「治療費も10分の1に」

がん粒子線治療装置の小型化技術を開発 「治療費も10分の1に」

技術の開発では、それはおよそ過去まで患部を切らずに癌細胞を破壊した「粒子線治療」1/10使用される装置を小型化しました、nippongenshiryokukenkyuukaihatsukikouhikaにおけるセンター(京都府木津-gawa市)の医療研究のサブ主幹の福田の研究が引き継いだ**jinの調査チーム。 粒子線による治療費は言われています。見通しは新しい技術導入で約30万に円を抑圧しました。それが約300万円のnowThe結果であるかどうかが、米国の物理学の協会の物理的な雑誌レビューreta-zuで発表されるのが13番目の(電子版)の日付を入れました。
粒子線治療で、炭素などのイオンは、体の表面の高速で照射して、したがって、癌細胞を強調して破壊するという効果を持っていません。 現在使用されている粒子線治療装置が、大規模なアクセルを使用するので、体育館のサイズの施設が必要です、そして、治療費は大金です。
さん/さん 福田他は、特別なノズルを使用することによって二酸化炭素と真空の高圧のヘリウム混合ガスを噴射して、側からのレーザー光線を適用するためのテクニックで炭素イオンなどを加速するために技術を見いだしました。 大規模なアクセルが不要になると言って、この技術が使用されているなら、教室のサイズに治療装置を減少させることができます。 さん/さん 「後の7年を目的とする原型を完成して、実用の見通しを適用したがっています。」と、福田は話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ナノキャリア<4571.T>とメディネット<2370.T>、がん治療分野で共同研究 »
« 緩和ケアの正しい知識の普及啓発を