緩和ケアの正しい知識の普及啓発を

緩和ケアの正しい知識の普及啓発を

日本のパリアティブ・ケア社会(Kenji江口理事長)がシンポジウムを開いた、「痛みでなくてまた苦痛でない、単独に保たれた癌–」 広まって、正しい緩和剤で知識を啓発するには、10月10日に気にかけてください。 ジャーナリストの鳥越Shuntaro、我慢強い家族、医師、看護師、および精神療法医、厚生労働省が2007年にこの日の広い視野でこの学術団体に委託したパリアティブ・ケア普及の啓発ビジネス(オレンジの気球プロジェクト)の部分に従って、などは各見地からパリアティブ・ケアについて講義しました。 医師や、看護師や、癌患者などの約900人はホールで集まりました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん粒子線治療装置の小型化技術を開発 「治療費も10分の1に」 »
« 川崎アゼリアがピンクリボンイベント実施/川崎