がん検受診 12年度50%超県が行動計画 6分野で目標と対策

がん検受診 12年度50%超県が行動計画 6分野で目標と対策

県は、13日に県のがん対策販促計画を一緒に実行するのに行動計画をもたらしました。 50%以上が現状の20–30%のレベルに年度2012で残っている様々な癌の診察の受診率である目標は設定されます、そして、県と自治体は啓発活動を強化します。 この他、目標は癌予防と癌の医療の増進のような販促計画などに達成のためのアプローチが示されていて、県と医療機関の住民を伴う総合的ながん対策が、始められるのが示された6つの分野毎を設定することです。
このプランについてカバーされた期間は、2008–12年度の5年です。 国民生活基礎調査(年度2007)の県の癌の診察受診率は27.7%(25.8%、など、および最も高い胃癌が33.9%に残っていた子宮癌)大腸癌です。
したがって、受診率に応じて、県、自治体、および関係団体などは達成を目的とする行動計画における癌の早期発見のために啓発活動を50%以上強く促進します。 さらに、日付と場所について工夫するので、自治体はそれが相談人の都合が良いときであると考えている診察を実行します。 また、企業がオフィスで啓発活動と相談奨励に働いたと明確に説明されました。
男性は12年度の癌予防のアプローチで年度2008の30.9%から県の住民対23%の喫煙率を低下させます。 全市町と村は県のサポートを受けている間、禁煙支援プログラムを実行しました、そして、禁煙通院患者実行が医療機関から要求されたと思われました。
癌の医療の増進のためにベース病院で放射線療法と通院患者化学療法ですべての癌の診療において実施できるシステムは維持されます。 県はベース病院が財政的側でなどをする放射線療法などに関するトレーニング協会を支持します。
プランはキャンパスの中の(hoshikazuhiko山梨大学の議長と指導官)県のがん対策販売促進会議の保持されたKofuと山梨の県のooikedenで承認されました。 プランなどにおける異論の一部が会議で出て来た意見に基づいて修正されます、そして、それは月の国にそれを提出します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


米・抗がん剤の薬剤費5% 超 »
« 「乳がん患者の本音知って」 43歳の体験、本に