「乳がん患者の本音知って」 43歳の体験、本に

「乳がん患者の本音知って」 43歳の体験、本に

渋谷区のMasako幹部社員Kobori(43)、乳癌を克服した日本政府が、病気「乳癌は密接に抱擁されること」記録的なに対する戦いを発行しました。 「ヘアピースデビュー」であるときに、広げられる2年間時点で治療する間、医師の専門用語に当惑することの副作用で気持ちをして、率直に抗ガン剤をつづりました。 願望、「患者の真意を知って欲しいこと」が置かれたと言われています。
塊は発見されます。2005の1月の家の右の胸。 それは透過している乳管癌と診断されました。 働き、およびそれが療法であることを保っている間、それは扱われます。 軽い気持ちで主治医の清中村商品医師(聖路加国際病院)にそれらの間につづられた日誌を送りました。 そして、その「本に行ったならヘルプ」を言って、公表は中村医師によって支援されました。

病気の種類のなどと同じく乳癌を当てにする抗ガン剤のような扱っている間、調べられて、自らによって作られたテーブルは、巻末で発行されます。 乳癌の情報が置かれたホームページは最近、確立されました。
さん/さん Kobori「多くのプラスが病気に対する戦いで不意に手に入れられました。 もっとも、癌が私の例だけを回復すると言いたいと思います、そして、それは終わりまで存在しています。 将来、医療サイトで患者と橋渡し役をしたいと思うでしょう。 」それは言います。
薬の側を監督した中村医師「心について触れられて、通常、私たちが反対であるはずがないことは、容易に書かれています。 また、私は、必ず、医療関係者に読んで欲しいと思います。 」それは話します。
本への問い合せは3800の出版社です。販売促進センターと電話03(5457)…

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検受診 12年度50%超県が行動計画 6分野で目標と対策 »
« Dr.中川のがんから死生をみつめる:/27 DNA複製とテロメア