ピンクリボンデザイン 横浜・河野さん佳作

ピンクリボンデザイン 横浜・河野さん佳作

横浜市の保土ケ谷区での魔裟斗コピーライター河野(24)の仕事2ポイントは、細かい仕事になるように乳癌診察の重要性を呼んだ仕事を募集した5番目の「ピンクのリボンデザイン特賞」(朝日新聞などのように、後援される)ですべてのセクションの1万3000ポイントを超えていたアプリケーション仕事からのポスター部分について選ばれました。 それが話されているのが「相談の機会になるなら、うれしいです」。

(マリコFuruta)

さん/さんにおける「乳癌」のキャラクタが全くありません。 河野の懸賞当選者。 「Mendoi’.. .Say..診察碁母親..go.」?’。息子の言葉と母親の背中は計算します。 別の仕事でさえ彼の妻を見る夫の優しい表情は表現されます。 それは言われています、「早期発見で回復するメッセージは怖い病気が置かれたように、脅かさないようにそれを覚えておい」て。

それは2横浜国立大学の年生の夏に法人の状況説明で広告業に興味を持っています、そして、東京の広告プロダクション「Kurieita-zuguru-Pu MAC」で、現在、取り組みます。 続く仕事の真夜中が縫われて、乳癌がインターネットなどで調べられるまでの間隔に懸賞当選者が、働きであると思われた約10の傑作であると言われています。

それは「社会的なメッセージを伝えるコピーライターになりたいと思います」でしょう。 「未来であるとき。」 それは夢を引き起こした勝利になりました。

別のものの仕事、横浜市の湖北区の大輔石川(32)、および同じ都市の緑地地域のMakiko織田(26)は、細かい仕事になるようにポスター部分の県の中で選ばれました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


白血病克服ノブ・ハヤシが退院後初の練習記事を印刷する »
« 「オレンジバルーン」に込めた緩和ケア普及への思い