「オレンジバルーン」に込めた緩和ケア普及への思い

「オレンジバルーン」に込めた緩和ケア普及への思い

後で、外国には普及がある日本の「緩和剤の注意。」 日本のパリアティブ・ケア社会(Kenji江口理事長)は、2007年に厚生労働省から業務委託を受けます、そして、などが行われる普及の啓発活動はオレンジの気球の「オレンジの気球プロジェクト」の始まり、市民公開シンポジウム、およびイベント会場について正しい緩和剤がある知識の普及の啓発の目的に気にかけます。シンボルと仮定欲しいです。 それが緩和剤の注意が癌治療を支持する「別の重要な医療」であると理解して欲しいことの願望が正しく「オレンジの気球」というプロジェクトのシンボルに入れられると言われています。
「honwariですべての痛みの症状を和らげたいと思っ」て気球に描かれた表面は、願望(緩和剤によるそのような表現で「患者と共にそれになりたいと思う」という注意)を置くシンボルのオレンジの中に言われています。
それが扱った、10月10日にオレンジの気球プロジェクトの一部として東京で持たれていた、シンポジウムのピンホールなどでは、オレンジの気球が関係者によって分配されました。
Aは確信しています。関係者が癌にかかわって、処理だけが関するパーティーからポスターを引き継いだということであることを治療してください。 前述であり、病院にそれを掲示することによって「あなたがパリアティブ・ケアに興味を持つたくさんの人が欲しい」ということでした。
そのうえ、この医師は、癌の診療の現状頃に「破れかぶれになりました、そして、まだ病気だけが病気を治しているのを見た多くの医師がいました」と仮定することによってしっかり思われた緩和剤の必要性が局面の重要なさやから「人は回復し」て医師教育のステージについて気にかけると指摘しました。
Nunoatsuko、(兵庫の県の大きい看護学部は教授) 説明して、これのシンポジウムにおける「その単語だけが56%まで上昇しに私たちが探した範囲(パリアティブ・ケア)へ行くのを知っていますが、内容さえ20%以上にまだ残っているのを知っています」プロジェクト代表しています。 我慢強い側のパリアティブ・ケアへの誤解、および医療人の側が「そこに、また、多くの人々が少し薄い認識と共にいました」であると思われ、パリアティブ・ケアが望まれていた患者が現在の状況の下で指摘されたとしても痛みにきちんと注意を払わなかった医療人の存在がありました。
それで医療人の側を含む意識改革をしました、そして、それは表示された決心、「私は、将来本当の意味におけるパリアティブ・ケアを達成するために行動したかったです」でした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピンクリボンデザイン 横浜・河野さん佳作 »
« がん検診全市統一化や廃校活用案 浜松市政策調整会議結果