乳がん征圧:照明で啓発 検診で早期発見--松江市立病院 /島根

乳がん征圧:照明で啓発 検診で早期発見--松江市立病院 /島根

10月の乳癌征服は、松江市の**が何カ月も間で町を空白にする松江市立病院北寄り屋根のピンク色の光を押して、します。 31日まで。
行く、半分、「ピンクのリボンキャンペーン2009」の部分に従った「10月は乳癌の月であること」のバナーでは、それが、毎日掛かる午後6時から午後9時に撲滅、乳癌の早期発見などに懇願します。
そのうえ、それは、キャンペーンに応じて近い田の調和山のショッピングエリアでピンクのリボンを街路樹に提供することによって、癌の撲滅を求めます。
癌の客間の仲介役と松本奉子(60)、「心からの客間松江、」 この病院に、上告、「多くの人々にそれぞれの人間の乳癌を考えずに診察を受け取って欲しいこと」がありました。 ..【. . …. さばいてください、創造。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診全市統一化や廃校活用案 浜松市政策調整会議結果 »
« 北島学長が最新のがん治療を講演 大田原の国際医療福祉大