北島学長が最新のがん治療を講演 大田原の国際医療福祉大

北島学長が最新のがん治療を講演 大田原の国際医療福祉大

【Ota分野】国際的な医療福祉「晩の時間の公開講座」がコースを始めたのと同じくらい大きい民間人のために勢いよく流れます。8番目。 そして、権利を与えられたMasaki Kitashima社長、「最先端の癌の医療を知ろう、そうした、掛ける良い病院のどのように、」、それは初めて状態で約300を聴きました。
Kitashima社長は遠い所にリモート操作を実現できる医療ロボットと医師の疲労減少などで操作を導入します。Itは慶応義塾大学医学部であるときに働きながら民間企業を扱うikou協力とケースを交換している間、最新の癌の医療について説明しました。
それは病院の先で長い臨床医経験に基づくerabiを命令します。 (1)(3) 個々の医療ができる、医師、看護師、および薬剤師として一本立ちしていたチームを専門家、Enumerateを持っている(2)患者にとって対応するようにします。我慢強い。研究します。医師。しばしば。コミュニケーション。取ります。持っています。願ってやまないこと。オーダー。置きます。
「自発的に学ばなかったならするのが、可能でなかったなら、良い病院のerabiは再確認できました。」と、那須塩原市の近所の映画館**の農業セイコーSawada(61)は話していました。
コースは木曜日の夜、この大学で毎週11月26日まで開催されます。 充電してください。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん征圧:照明で啓発 検診で早期発見--松江市立病院 /島根 »
« ニュースUP:在宅ホスピス、選べた祖父=小浜通信部・高橋隆輔