ニュースUP:在宅ホスピス、選べた祖父=小浜通信部・高橋隆輔

ニュースUP:在宅ホスピス、選べた祖父=小浜通信部・高橋隆輔

医師とIを満足させない情報ウィンドウが、今春に81歳の祖父を失いました。 癌の検出は遅れます、そして、人生長期化さえ期待できません。 余力を張って、家で死を医師に受けて、望みを実現した在宅ホスピスであることが願われていた祖父。 しかしながら、国内が祖父で圧倒的に豊富であるように、家の死が望まれても、人は気付きませんでした。 人生の死因を受ける方法を選択できない現状は変えられませんか?

- また、家族も良いです。
3月27日に、suizou) 癌と診断されるために、それはあります。… それは既に肝臓とリンパに転移しました。また、家族は在宅ホスピスを期待しました。祖父のyuutomichikara、(それがある、Michi) .. ..pancreas、(モルヒネは与えられて、腹水を引き抜くことなどのパリアティブ・ケアだけ: 処理研究は病室に急速に変わらせて、家族のそばで看病するのは来月から始めました。
日本人、在宅ホスピス社会によると、家で死ぬ癌患者は、6%だけ全体です。 そして、「死」の答えである、「医療機関とホスピスでは、入院すること」は取り組んでいます、研究委員会レポートに応じて終わりの期間の回復場所が60%なるとき、もう一方における死のためにぜいたくな状態で何処にもない私の家を受け取りたがっている調査などIsのような04年の終末期医療が望まれているのが厚生労働省に関係がありながら癌患者が家足りなさにいる比率であるべきです?

私は、オフィスで大きい好意に仲間を尋ねて、両親の日田市の母方の家族のもとへ帰りました、合計で7日間の大分県。 飛びのくように感じているのについて、髪は美しく修理されて、祖父はそれが正月に微笑んで会った時の別の人のように細かったのですが、私は招待されました。 事情から祖父が孫息子だけで彼の許容できる愛のバーを与えましたが、両親が離婚したのを表面に示さない高校入り口以来それはしばらく、ありました。私. . 小さいところでは、調節してください。 また、それがその時取り戻したかった願望も強く、それは四六時中滞在している間、近くに存在しました。
だれかが、往診をして、通知されました。場面に出席できた、どこ、医師、また、その人の人生の残り。 話を終わらせたとき、重大な表面でそれを聞いた祖父は、ほおの微笑、「私の最も良い死までのあいさつ」、および医師の手を微笑んで取りました。 その後に、祖父は、後の9日間戻らなかった人になりました。 注意するのが、可能ではありませんでしたが、私は後悔を持っていません。 imawaの側面にあることの場合にさえ環境への心配が示されたそして死にかかる。 恨みについて堂々いずれも言わずに、祖父の外観が印刷できたttaは注意迅速と後悔をじっと見ます。 尊敬された気持ちは、そのような祖父まで運ばれて、準備できました。
私にとって、人の死のように暖かかったときに、これだけを受け入れたのは、貴重な体験でした。 祖父の死が避けられなかったので、私は、在宅ホスピスが家族のためにそれを満たす選択であったと思います。
- 机の上の診療報酬

家の死が阻まれるバックグラウンドには、往診でパリアティブ・ケアをする医師のわずかがあります。 私、時がそうする人であった、自らを付ける. . 福井県の都市と南部とそれが働いていたところと比較された多くの州の在宅ホスピス社会には、1つの高価な古い家は、特にわずかであり、日本人のデータベースのそばでそれを検索して、登録された病院がありませんでした。 Mikako、そのような医師の数が’04 6月に開いているYuanから増えないというバックグラウンドの600人の癌患者に往診を作って、家でその80パーセントの世話をするChisatoペインクリニック(大阪府豊中市)の松永理事長(45)が外に指す、「診療報酬、サイトを知らずに決められた力、」

それが約20人の末期癌の患者を預かるこの診療所では、急変などのレポートが昼夜尋ねません、そして、入ります、そして、5人の看護師がいるスタッフが、24時間だけフルタイムでさえあることで2人の医師に対応します。 費用は膨らみます、そして、当然、往診の赤字は外来患者の治療を補われます。
それは人口密度が単に診療報酬を見直すことによって低い州で普及に通じません。 そのような病院による西の祖父が住んでいた大分県、およびデス・ポイントの注意を取り出したHideto宮崎医師では幸い、「それが確実に滞在することの選択についてそれらを知らせるメカニズムが必要性を引き起こすのに必要である」ということです。 それはまた、それがChisatoペインクリニックの在宅ホスピスを使用することによって夫の世話をした大阪府吹田市の女性(56)が滞在することの選択が出くわされるまで「相談する限り、情報が得られる窓が欲しい」時を必要としたという経験から上告されます。

仕様が01年間出発した癌の診療のためのベース病院では、情報の提供が目的の1つに掛かっています。 しかしながら、在宅ホスピスを使用している患者は、情報導入を捜し出した人であるときに、良く、接続が個人的にいる医師からの自らにとっての大部分であり、必ずパリアティブ・ケアの情報ウィンドウとして現在の状況の下のこの診療所で十分機能するというわけではありません。
- 「緩和する」考慮

また、医師の意識改革も必要です。 「それを治療してください」という化学療法の医療、および外科手術などを示す医師のために , 明確に捕らえられた処理と指示のパリアティブ・ケアはまだ小さいです。 松永理事長「内臓だけで患者の一生涯を見ていない多くの医師がいます。 死を見つめながら逆算するタイプに関する医療計画を作るのが、必要です。 」それは上告されます。
回復している手が疲れ果てているとすぐに、パリアティブ・ケアへのシフトが推薦されても、患者には、不信用があるかもしれません。 松永理事長は「緩和剤の注意と回復している処理は結合されています、そして、比重を徐々に移行させる形は理想です」で話します。

他方では、死生に関する個々の見通しと在宅ホスピスの問題を切り離すことができません。 家族を含む受け取られている側について考えるのが、必要です。 祖父は、既に死んで、信者ためか立ち向かわれた哲学を持っていました。敬虔(Kei腱)。 それをfutsuします。 願望、「非常に回避している死亡は上向きの人生を引き起こさないこと」を祖父の死を通して強くしました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


北島学長が最新のがん治療を講演 大田原の国際医療福祉大 »
« 携帯電話と脳腫瘍の関連、低いとする研究には偏りも