携帯電話と脳腫瘍の関連、低いとする研究には偏りも

携帯電話と脳腫瘍の関連、低いとする研究には偏りも

ワシントンロイター携帯電話における13番目の使用が(腫瘍)などを脳腫瘍に引き起こしたかどうか調べた2つ以上の研究が、分析されたとき、関連性が低かったときに、偏見が影響を及ぼした可能性は、結論でケタ研究にはっきりさせられました。 韓国の研究者は、13日に発表しました。
韓国国立がんセンターのスン-Kwonミュング医師は合計で3万7000人が物になるという23の研究を分析します。 携帯電話の関連性と現在の段階での癌を立証するのが難しいと思われましたが、素晴らしい研究が何人かの接続を示したのが理解されたと思われます。
この医師は、内容が、しばしばそのような研究の結果を実行するグループによって制御されると指摘します。 腫瘍ができるという危険が結論を下して、「それは品質が低く」研究で低いときに、携帯電話使用者の腫瘍のリスクが辛くもそれを使用する人のものより少し高いという結果が「それは高品質であること」が研究する8で出て来ていた間携帯電話使用者に置かれると言われています。
さらに、研究者は同業種グループの申し出、無線通信設備メーカーフォーラム(MMF)、および首都の携帯電話会社のGSM社会を品質の一部の低い研究に指摘しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ニュースUP:在宅ホスピス、選べた祖父=小浜通信部・高橋隆輔 »
« 乳がん撲滅ピンクの高知城 きょうまでライトアップ