小児がん:専門病院建設に募金 夢の治療器具、選んで--NPOがサイト

小児がん:専門病院建設に募金 夢の治療器具、選んで--NPOがサイト

苦痛。注射器。苦い。薬。 星。見ます。窓。
「注射器は苦痛でないこと」が「どんな苦味も投薬しません」、そして、「見てもそれが疲れない天井は上昇します」。 病気に対する戦いにおける子供の「夢の考え」が選ばれたとき、NPO法人「子供のkemo家」(大阪府茨城市とKusunoki重い例理事長)は、幼児の癌の専門病院の建設に寄付できたウェブサイトを確立しました。 幼児の癌の専門病院がイギリスと合衆国にありますが、それは日本にありません、11年の春の茨城市でのインストールにおけるなどIt目的、そして、それが協力を求めます。
このNPOは医師、元患者、および幼い癌の治療にかかわる家族で構成されます。 子供と癌と戦う家族は、望みを抱きます、そして、それは家にあるとして住むことができる病院の建設を目的とします。 05年間出発されていた資金調達で日本財団のサポート以外に約3100万円集められた活動を受けました。 しかしながら、それは工事に必要な約10億円に遠いです。
そこで広く寄付を募っても、貢献のためだけのサイト( http://yumenobyouin.org/ )は9月の終わりに確立されます。 それはメンバーがイラストで「価格」で設計した項目の36種類を導入しました。 それがメカニズムである、(心で鳴った項目の選択、およびクレジットカード決済における貢献、)であることができる 言われていて、それが「どんな苦味も投薬(1項目あたり2000円)でなく」て、「星が見られる窓(1万円)」は人気があるということです。
白血病のため二女を失った事務総長Masami萩原(35)「患者はきつい病室で長期の処理を我慢しています。 経験豊富な人は、医療人と協力して、病院を建設して、日本の医療環境を改良したがっています。 」それは話します。 問い合せは事務局(080・6148・1108)です。 【Momokoスーダ】

2009年10月15日の毎日新聞に関する東京朝刊

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん撲滅ピンクの高知城 きょうまでライトアップ »
« 福祉ナビ:がん、内臓疾患など病気や障害を表すマークが増えています。