抗がん剤での脱毛、タオル帽子快適 女性患者に好評

抗がん剤での脱毛、タオル帽子快適 女性患者に好評

それは乳癌、卵巣癌、白血病、および悪性リンパ腫によって広く行われた抗ガン剤処理に多くの患者をいらいらさせる副作用で脱毛です、そして、髪が離れ始めたヘッドが、覆われたとしても、福井県の福井赤十字病院のボランティア団体が生産するなどは今年の夏から「帽子をタオルで拭きます」、そして、患者はゆったりそれを費やしました、そして、申し出は始められました。 それはそうです、そして、問い合せは「汗が没頭しているので、全体でそれを洗うのは、快く、可能であること」をもっている入院と通院患者の患者に素晴らしい状態でポピュラーに引きつけられています。野外によるもの。
74人はこの病院のボランティア団体に登録しています、そして、コンサートが特殊技能が承認のガイドと誘導から利用されたところである状態で、様々な活動は開発されます。 タオル帽子作成に取り組んだ医師Kenji塚原(60) 盛岡の市民団体「岩手協会ホスピス」の活動を学んだこの病院サブディレクター市が、「患者のQOL(生活の質)進歩に導かれ」て同じグループに帽子作成を提案したのは、始まりでした。
副作用の抑圧における、masshouなどの特定の優先権) 神経障害であり、傾向があります。脱毛見落とされるのがあります。(. . 白の血球などの数が抗ガン剤処理に縮小する現状の骨髄抑制、吐き気、およびチップについて。 グループのボランティアは、すぐにこのグループから型紙を入手しました、そして、生産は始められました。
ハンドタオルは型紙に完全に合わせられています、そして、タオル帽子は作られています。 「難しい方はヘッドのteppenのmachiの一部です。 それは、横たわらないように丸い形でそれを作るのが怠けることに注意します。 」ボランティアMichiko奥村(67)と=の福井市。 それがある、笑い、タオルが回されるので、礼儀正しく縫い物をゆったり過ごしてください、「奨励して、喜ばせることができるとき、routteを作って、考えます」。 すべてが手縫いであるので、帽子は約2時間後に完成するでしょう。 最近、日本のフェイスタオルは古くから人気があります。
完成した帽子は看護師を通して無料で望んでいる患者に分配されました。 抗ガン剤処理を受けた女性患者(70)「それは置きやすいです、そして、快適です。 それには、洗浄と2があります。 」それは話します。 応募者のものがグループでタオルを持って入って、人によると、それを作ること以外に型紙を提供しています。 別の女性(69)はヘッドのサイズに従って娘が作ったフェイスタオルの帽子を後援します。 「髪が外れるとき、それは恥ずかしいです。 心へのドレッシングは、好意でもそれを合わせるなら満足でき終えます。 」微笑んで。
患者は、脱毛に備えて帽子を買って、これまでタオルとバンダナを回転させました。 看護師長智恵子Nishimura(51)「暑いです、そして、横たわっても、毛糸の帽子はそれがタオル帽子であれば簡単です。 選択が増加するので、私はうれしく思います。 」それは話します。
この病院では、それが帽子の材料になるタオルの申し出を求めます。 問い合せはこの病院の医療ソーシャルワーカー部分=3630です。電話0776(36)…

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


福祉ナビ:がん、内臓疾患など病気や障害を表すマークが増えています。 »
« 歯みがきにがん予防の効果