「女性のがん」早期の発見を

「女性のがん」早期の発見を

それは、「夜明けの協会」山口支店の代表と終わりにそれを尋ねます。それがある、「Maguchiが同じくらいすぐリボン月を突く、」 「今月。」 乳癌や子宮癌癌などの早期発見の重要性と女性のものの早期診断に懇願する出来事は、県の様々な地域で繰り広げられます。 県の乳癌診察受診率は他方では、下位が全国を通じてのろい14.1%(07年)です。 早期発見と処理の意味はだれが乳癌を経験した人からそれを作ったか「夜明けの協会」山口支店の代表の先の次のマユミ(44)に尋ねられました。
(斉藤をyasushishiします)

- – 急速に30代に増加して、それはそうしません。恐怖、および相談の必要性**。

??早期発見と処理はなぜ重要ですか?
乳癌の患者の数は30代から急速に増えます、そして、私で子供を育てるしばしば発見の遅れによって気にかけられていなくて、幼児を置き去りにして、また、死ぬ人がいます。 私は、34歳のときに偶然それを発見できました。 右の胸を取り除きましたが、それは現在、エネルギッシュです。すべて。 しかしながら、タイミングが少し遅れるとき、それは人生の損失に接続します。

??それを覚えておきます。塊を探します、そして、ないか、または見ます、そして、それは毎月胸を連れて行く鏡とくぼむような兆候の正面でそれをチェックし続けて欲しいです。私は胸に触れます。 そして、少しの変化が認められています。
「それはそうです」と思うとき、病院で世話をするのはきちんと重要です。「楽しませる」 自己にそれを調べるので。 また、癌の進歩も若い間、早いです。 私は、それを恐れずに試験をきちんと受け取って欲しいと思います。

??あなたは啓発のためにどんなアプローチをしますか?
自己診察方法を説明するチラシは、毎年、5月に「母の日」まで配布されます。 それは、4日に今月を後援しながら、県で講演に参加しました。 出かけるとき、それはネックレスとピンクのリボンを設計する髪の飾りなどで上訴です。
しかしながら、厚生労働省の国民生活基礎調査による県の40歳以上の乳癌受診率は、国立がんセンターに従った14.1%(07年)と、全国を通じて兵庫と同様に下位でした。 私は、キャンペーンがまだ不十分であると思います。- それ。啓発それをつかみます。31日の女性の癌患者協会長門都市の船倉の周りでテラ人の大きい同じ都市の**深川で1回目になるピンクのリボン運動の出来事を活動させる「ミーティングの協会」湯本。 実行委員会は立ち上げられています、そして、準備はローカルでコーラス、ブラスバンド、託児所、およびレストランなどと提携して進められます。

テーマは「再現」です。 「願望「私のための家族には、癌にかかったとしても、生き返ってください」は置かれました。」 メーンエベントに関して、広島で放射にさらされている間に蘇る「放射線被曝ピアノ」によるジャズのコンサートは保持される予定です。

そのうえ、女性が容易に参加するミーティングが計画されているので、それは乳癌診察のために若い女性と健常女性の好みに合うかもしれません。 目的が童謡詩人の歌のコーラスのような感覚に求めながら「生きる感覚を味わおうといっ」て、次の状態で寺、秋の色、および同じ都市の主な寺の光の金子ゞをmisuするということであり、展示即売はローカルの製品のなどです。 乳癌の自己診察方法を説明するチラシなどは、分配されています。

それは沖村恵子議長です、その「癌にかかっていて、ふさわしい元気を知って欲しくても、生き返るのは、可能であり」(54)を言って。 問い合せは長門総合病院(0837・22・2220)です。

871 ピンクのリボン運動に関連づけられたピンク色の金魚ランタンは18日の都市の名前を記念する柳井市のShuto総合病院で発表されます。 癌予防に関しても圧力を発するアロマテラピーのコースがあります。 問い合せはこの病院(0820・22・3456)です。

- 夜間に休日と診察を広げます。
他方では、容易に医師に相談する環境づくりは、忙しい女性の乳癌診察速度向上のため平日、昼間まで商用で進められます。

18日に、胸部X線写真がどこでも1年に一度医師に相談できるようにそれが日曜日に目的とされる「日本胸部X線写真サンデー」と全の国のアプローチがあります。 サイコロが女性の診療所(下関市)を点灯するということです、そして、大阪市のNPO法人J. POSH(日本の乳癌ピンクのリボン運動)は呼びます、そして、診療所(同じくらい上で同じ)、光学真珠層は中央ですか?. . 県、および4における医学の病院(光学都市)を晴らして、岩国病院の団体は同意します、そして、診察を受け入れます。

そのうえ、県は乳癌、子宮癌、および大腸癌の休日に調べられた医療機関にそれを支持しています。 フレームは平日の今年、夜間の間で広げられます。 県に電話をすると対応する35の医療機関がそれぞれ実行日を決めます、そして、それは平日の休日と夜間に12月まで診察に取り組みます。 問い合せは県の健康な改良部(083・933・2943)です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


歯みがきにがん予防の効果 »
« ピンクの高知城 乳がん撲滅訴え