ピンクの高知城 乳がん撲滅訴え

ピンクの高知城 乳がん撲滅訴え

高知県は「乳癌月」(10月)までつなげられました、そして、それが乳癌の診察相談を求めることができるように、14日にピンクへの(高知市)に高知城を染めた始められた光は、早期発見で回復する可能性が高いと仮定しました。 それは企業でも期間と県の大学で路面電車への広告通知と講演などの啓発活動に取り組みます。
2番目に、続きます。高知城昨年、乳癌撲滅キャンペーンの一部としての軽い改良は、「リボン運動を突きます」。 ピンクのフィルタは4照明に従ってセットアップされた18回の照明と城を照らした出来事に置かれました、そして、ピンク色の城は夜空に来させられました。 それは15日にさえ午後の6–10時に火が付きます。
そのうえ、また、すべてのルートでは、「土佐電気鉄道」(高知市の埠頭の専門家)は「かつての2年毎に乳癌を調べる」キャッチフレーズなどが11月13日まで描かれる路面電車を操作します。 ホテルの日航の高知のAsahi王族(同じ都市の9つの反田)は、ピンクのリボンを夜景に客室の窓を使用することによって、現れさせます、そして、乳癌専門医は、17日の午前10時にキャンパス(同じ都市のnaga国の門前町)の中に講演とパネルの高知の女子大のnaga国の寺を示します。
年度2007の県の健康管理部によると、県の40歳か、より多くの女性の診察受診率は20.3%です。 県は、積極的な相談を掛けて、求めています、もっとも、全国平均には%の14.2のものがありますか?拡大掛ける相談の目標のその50%は年度2010に評価します。
(2009年10月15日の読売新聞)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「女性のがん」早期の発見を »
« チャリティーコンサート:小児がんと闘う--秋田 /秋田