ピンク金魚でがん検診啓発

ピンク金魚でがん検診啓発

ピンクを作る金魚ランタンは、処理が柳井市のShuto総合病院で進められるのに従って乳癌の早期発見を求めるピンクのリボン運動に接続しました。 議会の外の市民に協力を求めて、871の断片が柳井を記念していて議会で叙勲されるプロジェクト。 それは18日にミーティングで発表します。
この病院の癌の客間「たんぽぽ客間」を管理する、約20人のボランティアからスタッフ、保健婦でアクティブで、議会にされたピンクのミーティングは、それを後援します。 都市のハンディキャップがある人の作業場所「ワークショップ白壁」は竹の骨癒合などが終わっているキットを作ります、そして、それはミーティングで同意者にそれを分配します。
この病院の癌の客間では、病院のリハビリテーションを訪問した老人と子供は挑戦します。 ピンクのリボンをテールに提供するきれいな金魚ランタンは、相次いで現れます。 彼は客間仲介役です、そして、ピンクのミーティングのyamahiromi富士議長は「癌を捕らえて欲しいです」です。人生は人々診察の多くに部分的になります。 「この病院の地域医療福祉の部屋の総支配人のKyoko佐川も」「全国的に見ても、柳井市の癌の診察率は低いです。 啓発のシンボルとして確立」それは願われています。
18日のミーティングは2(1とミニコンサート(午前10時の)などのアロマテラピーコース(それは11時、および最初の50人で受け入れる))で構成されます。金魚ランタンは11月19日まで前部床に飾り付けをします。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ゴンゾロッソ、「PayNetCafe祭り2009 ピンクリボン支援活動」でアイテムを販売 »
« ツムラ(4540) 治療満足度の低い「がん領域」と「認知症領域」における存在感が増す。(岡三証券)